ウォッシュチーズの王様エポワスの魅力

エポワス

フランスのブルゴーニュ地方で作られている「エポワス」というチーズは、ウォッシュチーズの王様と言われています。

優しいオレンジ色をした表皮の内側にはとろりとしたミルク色の身がたっぷりと詰まっています。

このチーズの歴史は古く、16世紀の初めには修道院で作られ始め、19世紀にはパリやリヨンといった大都会にもその美味しさが伝わったと言われるほどの歴史があります。

普通のウォッシュタイプのチーズは塩水で表面を洗いながら熟成させますが、エポワスは塩水と一緒にマールというブドウの搾りかすからとったブルゴーニュ地方の地酒でチーズを洗いながら熟成させていきます。お酒で熟成させていくというのは、如何にもオリジナリティ溢れるチーズですね。

強い酒で洗いながら熟成させますので、エポワスは強いな臭いを発します。その臭いは足の裏のような臭いとも評されます。それだけ強烈ということですね。

臭いが強いのは表皮だけ。中身はミルクの優しい甘さと濃厚なコクが合わさったすばらしい味わい。

特にブルゴーニュ産の赤ワインとの相性は抜群で、ワインとチーズの美味しさが口の中で渾然一体となり、馴れたらクセになること請け合いです。是非、エポワスをワインのお伴にお試しください。

参考 エポワスチーズの豆知識

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: チーズ, フランス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です