スペインのパワースポット「モンセラット」と「黒いマリア像」

モンセラット

スペインのバルセロナから北西約60kmに位置する「モンセラット」は、はヨーロッパでも有数のパワースポットとして名高く、しかもサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂に飾られている黒いマリア像にお祈りすると何でも願いが叶うという場所だと言われています。

モンセラットとは「ギザギザな山(のこぎり山)」という意味であり、ここは太古の昔に地殻変動によって大陸が隆起して生まれた岩山の山脈。

あの偉大な天才建築家ガウディは、このモンセラットを訪れてインスピレーションを受け、バルセロナにある世界遺産・サグラダ・ファミリアをはじめとする数々の自然をモチーフとした建築に取り掛かるようになったようです。

確かに曲線美が豊かなモンセラットの岩山群を見ていると、まるでサグラダ・ファミリアそのもののようにも見えます、美しいガウディの作品の原点や創造の源が、すべてここにあるようにも思えます。

モンセラットは、スペインを代表する聖地としての観光名所であり、特にカタルーニャ地方の「聖母(マリア)信仰」に崇められている「黒いマリア像」が発見された場所としても有名です。

モンセラットの奥には大聖堂があり、大聖堂の門をくぐった「アトゥリオのパティオ」といわれる中庭がありますが、この中庭の中心部にある円状の模様がパワースポットになっているそうです。

パワースポット

そして、大聖堂の中に黒いマリア像があります。

「西暦880年頃、何人かの子供の羊飼いが、薄曇りのなか空から不思議な光が美しいメロディーとともに降りてきて、山の山腹に留まるのをみた。同じことが数週間続いたため、麓の町の司祭が調べたら、洞窟のなかから黒いマリア像が発見された麓まで降ろそうとしたが動かないので、その地に聖堂を建てて安置した」

という不思議な黒いマリア伝説があります。

聖母マリアがイエス・キリストをひざに抱いて、右手には世界(全宇宙)を象徴する球を持っている不思議な黒いマリア像…

確かに何かオーラが出ていそうで、願い事が叶いそうなパワーがありそうですね。

黒いマリア

参考 ヨーロッパ有数のパワースポット「モンセラット」と願いを叶えてくれる「黒いマリア像」

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: スペイン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です