本当の「地中海式食事法」とは…

地中海料理

地中海の食事と聞くと、イタリア料理やスペイン料理のメニューが頭に浮かびます。しかし、ピザ、ラザニア、イベリコ豚等は本来のものではありません。

「地中海式食事法」は、1960年代のギリシャのクレタ島とイタリア南部の伝統的な食習慣がベースとなった食事スタイルです。

ギリシャ保健省と地中海式食事法の普及活動を行なっている米国のオールドウェイズの情報によると、「正統」の地中海式食事法は大体以下のように定義されるようです。

(1)毎日、野菜や果物、精製していない全粒穀物、乳製品、オ リーブ油を食べる。乳製品は低脂肪タイプを。野菜や果物はできるだけたくさん食べる。全粒穀物は、日本人なら玄米ご飯がお勧め。

(2)週に数回、卵、魚介類および鶏肉などの家禽類、豆類、ナッツ類や種子類、イモ類を食べる。最近の研究によると、魚はたくさん食べたほうが良い。

(3)豚や牛のような赤肉料理は、月に1~2回程度、特別な日にだけ食べる。ただし通常、ソース、豆やパスタ料理に、より美味しくする目的で“少量”の肉を加えることはある。

(4)赤ワインを適度に飲む。食事と一緒に、男性はグラス2杯、女性はグラス1杯までが適量。ただしこれは必須要素ではない。

(5)精製された砂糖や穀物、オリーブ油以外の脂肪はほとんど食べない。

健康、ダイエットに良いとされる「地中海式食事法」には、重要な要素として、「家族や友人とともに過ごす楽しみとしての食事」があります。良い人間関係と生活を楽しむことが、カラダとココロの健康に役立つことは間違いなさそうですね。

参考 糖尿病からガン予防、長寿にまで効く!健康に良い“究極の食事法”とは?

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: ダイエット, 地中海地方, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です