イタリアでは簡単に結婚・離婚できない!/安易な結婚は禁物!

 

イタリア人の恋愛観について

「マツコの知らない世界」という番組でイタリアの結婚事情のことが取り上げられていました。

 イタリアでは、離婚するためにはその前に3年間別居しなければならないそうです。

また、結婚するときにはこれまで住んだすべての街の役所に結婚する旨の書面を掲示する義務があるそうです。

もし、結婚に反対する人がいると結婚は認められないそうです。(反対する人と話し合い)

結婚は何回もできますが、教会での結婚式は1回きりだそうです。

恋愛に関して積極的なイタリア人ですが、意外にも結婚に関してはかなり厳しい条件があります。

その背景には、国民の95%が信仰しているカトリックの教えにあります。

カトリックでは離婚はご法度とされているため、イタリアでは40年ほど前まで法的に離婚を禁止されていました。

現在では離婚出来ますが、特別な事情がない限り法的に離婚をする条件として3年間の別居期間が必要となります。

これも、別居期間にお互い冷静に考え直し、離婚を留まるように法的に促しているとも言えるでしょう。

そのため510年とかなり長い期間同棲をし、本当に結婚をしても問題がない相手かをお互いに時間をかけて確認をするそうです。

また、それと並行してイタリアの経済状況も影響しています。イタリアでは長いこと不況が続いていて30代の人は失業者がが多いです。そのため30歳を過ぎても実家暮らしの人も多くいます。

そういった歴史や経済の事情があるため結婚には慎重になるようです。そして気になるプロポーズの言葉ですが、ロマンチックなイメージとは逆で、とてもシンプルな言葉でプロポーズをする事が多いそうです。これも結婚をシビアに考えているという背景があるためでしょうか。

子供ができても結婚しないというケースも多いので、結婚をどれだけ重く考えているかも伺えます。

日本とは違って、カトリック教の影響という背景はありますが、日本では離婚が激増して久しいです。結婚に関して安易すぎることが理由の一つだと思いますので、イタリアのようにお互いに時間をかけて確認をするということを結婚前も結婚後も続けた方がいいと思います。

結婚生活はお互いに作っていくものですので、面倒くさいかもしれませんが常に夫婦はすり合わせていくことが大切ですね。

参考 イタリアのプロポーズ

参考 マツコの知らない世界 7月21日放送~イタリアの世界

 

 

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: イタリア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です