たまプラーザサロン・チーズで巡るフランスカルチャー紀行(10/31) 

☆たまプラーザサロン・チーズで巡るフランスカルチャー紀行 

毎回数種類のチーズを味わいながら、あたかもフランスを実際に周遊しているかのような構成で、あなたの知らないフランス各地方のカルチャーの魅力に迫る全7回シリーズ。第1回目はノルマンディー地方をとりあげます。

●チーズ

知識が深まることにより、日常におけるチーズの愉しみ方・活かし方の幅が広がります。

●フランス地方文化

画像を使い、絵画や映画等のエピソードを交えながら、各地方の風土や歴史的背景をたどります。

●食卓フランス語

食卓で日常的に使われるフランス語表現に気軽に親しめます。

●フランスの生の姿とは…

主宰者自身の実体験を通して日仏の文化比較・コミュニケーションの違いについて探っていきます。第1回目のテーマは「憧れのフランス・思わぬ落とし穴」です。

『Bon pain(よいパン)、Bon vin(よいワイン)、Bon fromage(よいチーズ)』…

この3つが揃っていれば、人生は素晴らしい!と、フランスでは昔から言い伝えられてきました。

この度、つづきひろこさんが横浜・たまプラーザのサロンにて「チーズで巡るフランスカルチャー紀行」という月1回ペースで行うシリーズの会を開催する運びとなりました。

パリだけがフランスではありません。素朴さに溢れ、どこか懐かしさを感じさせる田舎にこそ知られざる本当の魅力が隠れているかもしれません。ガイドブックには出ていない、あなたの知らない多様なフランスの魅力に触れてみませんか?

各回毎にフランス各地方のチーズを数種類ご紹介し、実際にご試食いただきながら、

フランスの魅力に触れていただく全7回シリーズのカルチャーの会です。(ワイン付・各回単発でのご参加もOKです。)

第1回目は、「ノルマンディー地方」をテーマに10月31日(土)に行います。

各地方に特有のチーズを扱いますので、全7回シリーズを網羅すれば、白カビ、青カビ、シェーブル等、ほぼ全てのタイプのチーズを味わうことができます。また、毎回、AOC(原産地呼称統制)に認定されている高品質のチーズもご紹介していきます。

そして、食卓でよく使われる簡単なフランス語表現にも軽く触れていきます。

さらに、『フランスの生の姿』として、主宰者自身が実際に体験した面白エピソードやハプニングを通して、日本とフランスの文化比較・コミュニケーションの違いについて皆さんと一緒に探っていきます。

厳選したチーズ、パン、ワインを参加者の皆さんと味わいながら、サロンならではのアットホームな雰囲気で楽しんでいただける会です。是非ご参加ください。

【こんな方にお勧め!】

  • フランスの各地方の食文化を知って将来現地を旅してみたい方
  • いろいろな種類のチーズを味わってみたい方
  • 簡単なフランス語表現に親しみながら、フランスについてより雑学を深めたい方
  • 少人数で気軽な雰囲気で交流したい方

【つづきひろこさんのプロフィール】

大学卒業後、3年間フランスへ語学留学。帰国後、フランス語翻訳会社に勤務。

翻訳のコーディネート、語学学校の運営管理、広報業務に従事。

2015年4月18日に銀座のアートギャラリーにて「カフェメニューを愉しむフランス語」というテーマで講師を務める。

【開催概要】

■日 時:10月31日(土) START 14時 END   17時予定

■会 場:たまプラーザサロン(東急田園都市線「たまプラーザ駅」より徒歩8分)

お申込みいただいた方のみアクセス方法をお知らせします。

■参加料金:4,000円

(チーズ数種類、パン、ワイン、サラダ、お茶、お菓子、資料込)

■定 員:6名

定員に達し次第締め切ります。事前お申込み期限:10月24日(土)まで

■申 込:flataoyama@gmail.com

または、お問い合わせ

お申込後こちらから折り返しご連絡いたします。

当会運営スタッフと初めての面識の方は、お手数ですがフルネームと緊急連絡先をお知らせください。

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: チーズ, チーズで巡るフランスカルチャー紀行, フランス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です