10/31チーズで巡るフランスカルチャー紀行ノルマンディ地方編開催レポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 10月31日(土)、たまプラーザサロンで「チーズで巡るフランスカルチャー紀行」を開催しました。

まずは、ひろこ講師から今回テーマのノルマンディ地方について、写真画像を使いながら風土や歴史的背景等についてのプレゼンテーション。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プレゼンでは、絵画・印象派の巨匠モネのゆかりのスポット(ジヴェルニー、エトルタ)、ドーヴィルが舞台である映画「男の女」、そして「シェルブールの雨傘」のエピソードについてもご紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノルマンディ地方はモン・サン・ミッシェルという世界遺産の大観光地はありますが、パリよりも平均気温が4~5℃ほど低く、夏場でも雨や曇りが多い天候なので物悲しい雰囲気の場所です。映画でもそのような寂しい感じが描かれています。

ノルマンディ地方といえば、なんと言っても有名なのはカマンベールチーズ。カマンベールチーズという名前のチーズはたくさんあれど、本家本元はノルマンディ地方のカマンベール村で作られたものだけです。

今回はカマンベールを始めとして、白カビチーズ数種類をご紹介しました。比較的食べやすいものから、熟成の進んだかなり濃厚で初めて食べる方には戸惑うようなものもありましたが、りんご蜂蜜をつけて食べると濃厚なチーズでも非常にまろやかな味わいになるということでかなり好評でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノルマンディー地方は寒冷地ということもあって、りんごの産地です。今回提供させていただいた「カマンベールチーズとりんごとレタスのサラダ」、これは手前味噌ながら、美味しくてなかなかいけると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チーズというのは食べ合わせも非常に大切な食材です。今回出したお酒はノルマンディー地方産のりんご(シードル)と赤ワイン。

チーズとワインとパンは本当によく合います。食もお酒もすすんで、瞬く間になくなっていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チーズの会とはいえ、いろいろな食べ方でテイスティングいただくのでこれだけで本当にお腹がいっぱいになります。

次回参加される方は、昼食は控え目にされた方がいいかもしれません。

会の終盤では、モンサンミッシェルのクッキーに世界のお茶マイスターのサリーさんから提供いただいた燻製ほうじ茶を飲みながらデザートタイム。

この燻製茶はスモーキーな風味なので今回は試しませんでしたが、チーズとの食べ合わせにもフィットしそうなので、今度試してみたいと思います。

終了予定は17時でしたが皆さんと終始和やかな雰囲気で談笑したので、18時頃にお開きとなりました。

次回の第2回目は11月29日(日)に古城巡りで有名なロワール地方をテーマとして行います。

 

 

 

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: チーズ, チーズで巡るフランスカルチャー紀行, フランス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です