フランス式シンプルライフ~「自分らしさ」を追求するパリジェンヌ~

 

☆フランス式シンプルライフ(フランス文化講師つづきひろこ)☆

『フランス人は10着しか服を持たない』という本が話題になった。

ところで、このタイトルにある内容は事実だろうか?

本当のところは、個人差があるのではないかと私は思う。

フランス人にも、お洒落な人もいれば、そうでない人もいる。

ただ、日本のメディアが話題にする「フランス=お洒落な人達の国」というイメージには、考え方次第では、はなはだ疑問が残る。

ファッションや流行に敏感なのは、パリジェンヌよりもむしろ日本の女性たちである。日本の女性たちは、いつも高価なものを身にまとい、きれいに着飾っている。

一方、フランス女性たちの大部分はこれにはおよばないだろう。

そもそも、日本のような「消費=美徳」という発想が乏しいフランスでは、選択肢も限られている。

そのせいか、フランス人の多くは、日本人と比べるとずっとシンプルな身なりをしている。

田舎を歩けば、お洒落な国と聞いて笑い出したくなるほど、見方次第では、「ダサい!」部類のフランス人が結構いる。

ただし、彼らは工夫が得意だ。小物の使い方が上手である。

フランスの女子大生の多くは、Gパンにセーターを羽織り、首にはスカーフをまきつけるといったいでたちである。

そして、週末やパーティーの席などでは、ここぞとばかりにスカートを着用するのだ。ブランドに拘るよりも、自分なりのお洒落を楽しんでいる。

「身の丈に合った、背伸びをしない生き方」

これが、フランス流のお洒落ではないだろうか?

私が好きな、フランス的な生き方である。

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: フランス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です