フランスの幸運を呼ぶチーズ「バラカ」・U字型の馬のひづめは魔除け・金運アップ

Billy Tsuzukiさんの写真

先日、ご紹介した「フランスの良い縁起」の中で馬の蹄(ひづめ)がありましたが、馬のひづめは、ヨーロッパ各国で幸運の象徴とされています。

この馬のひづめの型形をした「バラカ」というチーズがあります。フランスのイル・ド・フランス地方で作られている白カビタイプのチーズで、とてもクリーミーな味わいなのが特徴。ワインにとてもよく合います。

このバラカもU字型をしていますので、幸運グッズとして大変人気があるそうです。贈答品としてよく使われています。

ここで、なぜ馬のひづめが幸運を呼び込むと言われるようになったのかのお話…

ヨーロッパでは、その昔、馬の蹄鉄には金や銀が使われていたそうです。この蹄鉄が落鉄した場合、それを拾った人の物になるという風習があったそうです。

それにより、蹄鉄を拾った人が裕福になった人が続出したことで「幸運のシンボル」と言われるようになりました。

また、「馬は人を踏まない」ということから車の前につけておくと事故を起こさないと言われ、交通安全のお守りとしても使われています。

馬のひづめは、「金運」、「愛情の復活」、「交通安全」、「集客」に効果があるそうです。

馬のひづめの形(U字型)自体に金運を引き寄せる力があると言われていますが、本物の馬蹄は手に入りにくいので、U字型の磁石等を代わりに使うこともOKだそうです。馬蹄そっくりのものを自分で作っても構いません。それを身に付けたり、ドアに飾ったりして使用します。

ちなみに、U字型は上向きにしないと効果がないそうです。下向きにすると、逆に運気が下がるそうなので注意。

馬蹄はなくてもU字型の磁石等をお守りにすると磁石のように金運を引き寄せるかもしれませんね。

 

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: チーズ, チーズで巡るフランスカルチャー紀行, フランス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です