9/26中東ワイン会開催レポート

9月26日(土)、中東ワイン会を開催しました。お蔭様でほぼ満員の参加者となりました。

9月26日といえば、昨年第一回目のワインカルチャー交流会を開催した日と奇しくも重なりました。今回で6回目の開催でしたが、初回の講師の今井さんを含めて歴代のワイン会の講師陣3名の方も顔を揃えました、特に意識はしていませんでしたが、この会も定着しつつあり、1周年のメモリアルに相応しい企画になったと思います。

ドバイの事情、中東諸国の歴訪エピソード、中東ワインという組み合わせテーマが、珍しい上に興味をひく内容ということもあってか、海外の在住歴の豊富な方やワインの専門家等コアな方の参加が多く、また、はるばる京都から参加された方もおられました。

プロジェクターで映し出されたドバイや中東諸国の映像の数々は臨場感に溢れ、すぐにでも現地に行きたいという気分にさせてくれました。

提供された料理メニューは、中東料理の特徴である、野菜たっぷりでハーブが効いているということもあり、ワインにとてもよく合います。お店から提供されるワインとは別に、中東ワイン専門家の田村さんから提供されたギリシャワインとレバノンワインを皆さんとテイスティング。フランスワイン、イタリアワインとはまた違った芳醇で多様な味わいが大変魅力的なのが中東ワインの特徴のようです。

冒頭のドバイ講話が始まる前にPCと繋ぐプロジェクターのケーブルが合わなくて、代替のケーブルを用意するのに時間を要して開始時間が15分程遅れてしまうというアクシデントがあり、時間が押してしまったのが反省材料ではありましたが、結果的に皆さん満足されたようです。

自己紹介タイムが終わった後の参加された方同士の交流で、今回の講師の茂野さんを交えて女子会を行う話が出るなど、早速次に繋がるような動きが出たようです。池に石を投げてできた波紋が大きな輪になって人の輪として広がっていくようになっていただくことが交流会主催者としての本望であります。

今回の企画に講師としてご協力いただいた、田村さんと茂野さん、そしてお店のオーナーの草野さんには深く感謝したいと思います。

次回のワインカルチャー交流会は、11月20日(金)に「銀座ギャラリーカフェ・ボジョレーヌーボーとボサノヴァライブを楽しむ会」というテーマで行います。

 
 
カテゴリー: ワインカルチャー交流会 | コメントする

チーズを使わないスペイン風ピザ「コカ」の美味しさ…

チーズを使わないスペイン風ピザ「コカ」がモチモチで美味しいとなかなか評判です。

コカには、イタリアンピッツァの生地にも多少は塩味が付いていますが、その生地には塩とたくさんののオリーブオイルが直接練り込まれ、シンプルながらしっかりとした下味が付いています。また、生地が楕円形のわらじ型をしているのが特徴。

天板いっぱいに広げた小麦粉の生地に玉ねぎや赤ピーマン、トマトを敷き詰め、黒オリーブをトッピング。チーズは使わず、ツナやアンチョビ、ハム等をのせて焼き上げるのがスタイル。

昔は各家庭でつくられていたコカは、現在バルやカフェ、パン屋で気軽に味わえる定番メニューになっています。

素朴なおいしさとアレンジのしやすさで、スペインでは大人気の料理。ピザよりも手軽に作れるので、これから益々注目を浴びるでしょうね。

参考 チーズがない!!スペインのピザ「コカ」とは

 

 

 

カテゴリー: スペイン | コメントする

イタリアでは簡単に結婚・離婚できない!/安易な結婚は禁物!

 

イタリア人の恋愛観について

「マツコの知らない世界」という番組でイタリアの結婚事情のことが取り上げられていました。

 イタリアでは、離婚するためにはその前に3年間別居しなければならないそうです。

また、結婚するときにはこれまで住んだすべての街の役所に結婚する旨の書面を掲示する義務があるそうです。

もし、結婚に反対する人がいると結婚は認められないそうです。(反対する人と話し合い)

結婚は何回もできますが、教会での結婚式は1回きりだそうです。

恋愛に関して積極的なイタリア人ですが、意外にも結婚に関してはかなり厳しい条件があります。

その背景には、国民の95%が信仰しているカトリックの教えにあります。

カトリックでは離婚はご法度とされているため、イタリアでは40年ほど前まで法的に離婚を禁止されていました。

現在では離婚出来ますが、特別な事情がない限り法的に離婚をする条件として3年間の別居期間が必要となります。

これも、別居期間にお互い冷静に考え直し、離婚を留まるように法的に促しているとも言えるでしょう。

そのため510年とかなり長い期間同棲をし、本当に結婚をしても問題がない相手かをお互いに時間をかけて確認をするそうです。

また、それと並行してイタリアの経済状況も影響しています。イタリアでは長いこと不況が続いていて30代の人は失業者がが多いです。そのため30歳を過ぎても実家暮らしの人も多くいます。

そういった歴史や経済の事情があるため結婚には慎重になるようです。そして気になるプロポーズの言葉ですが、ロマンチックなイメージとは逆で、とてもシンプルな言葉でプロポーズをする事が多いそうです。これも結婚をシビアに考えているという背景があるためでしょうか。

子供ができても結婚しないというケースも多いので、結婚をどれだけ重く考えているかも伺えます。

日本とは違って、カトリック教の影響という背景はありますが、日本では離婚が激増して久しいです。結婚に関して安易すぎることが理由の一つだと思いますので、イタリアのようにお互いに時間をかけて確認をするということを結婚前も結婚後も続けた方がいいと思います。

結婚生活はお互いに作っていくものですので、面倒くさいかもしれませんが常に夫婦はすり合わせていくことが大切ですね。

参考 イタリアのプロポーズ

参考 マツコの知らない世界 7月21日放送~イタリアの世界

 

 

カテゴリー: イタリア | コメントする

かつての人気企画レバノン料理会・フランスではヘルシーなレバノン料理が人気!

2015年9月26日(土)に開催する中東ワイン会のお店「ミシュミシュ」のオーナーさんは、レバノン料理店で修行した経験をお持ちであることから、どちらかというとレバノン風の料理メニューが多いのが特徴です。

レバノン料理と言えば、ちょうど10年前に私の会で企画した「レバノン料理食事会&文化講座」のイベントが思い出されます。

この時は、新宿のレバノン料理店で、オーナー夫人のレバノン在住体験談のお話を聞いて本場のレバノン料理を堪能するという企画でした。「ふらっと青山」の世界の料理会シリーズの企画の中でも5本の指に入るほどの好評企画だったと思います。

このお店は、その後赤坂に移転しましたが、最近閉店したという話を聞きました。時代の波とはいえちょっと残念ですね。

日本ではレバノン料理店と名乗る店が数少ないのですが、フランスでは、野菜と豆をたっぷり使ったヘルシー感のあるレバノン料理が大変人気のようです。

レバノンは元々、フランスの統治国で、首都のベイルートは「中東のパリ」と言われるほどフランスの影響の濃い国ですからね。

また、タイのバンコクでは、凄いボリュームを誇るレバノン料理のお店があるそうです。

諸々詳しくは以下のリンク先記事をご覧ください。

ワインカルチャー交流会・中東ワイン会 こくちーずの案内

ふらっと青山「レバノン料理食事会&文化講座」レポート

参考 ヘルシーなレバノン料理はフランス女性に大人気!

参考 これは美味い!日本人の舌に合うバンコクのレバノン料理を堪能してきた!

 

 

 

カテゴリー: フランス, ワインカルチャー交流会, 地中海地方, 日本の地中海料理店 | コメントする

スペインでは朝食としてホットチョコをつけて食べるチュロス

筆者はサクッとした歯ごたえのチュロスが好きで、ドーナッツ屋さんでよく買って食べますが、チュロスはスペイン生まれの揚げパンで、スペインでは、デザートとしてだけでなく、朝ごはんとして食べられています。

生地を油で揚げて、シナモン、はちみつ、砂糖などを付けて食べるのが一般的ですが、スペインでは表面に砂糖をまぶしてありません。お店ではよくチュロスをホットチョコレートにつけて食べられることが多いようです。

甘過ぎないチュロスに、シェリー酒で少し香りづけがしてあるチョコラテソースを付けて食べます。まわりはサクッ、中はふんわり。チュロスが甘過ぎないので、飽きずについつい次の一本へと手が進みます。

ドーナツと似ているチュロスですが、この二つの違いは形の細長さ。ギザギザしている理由は表面積を多くして、揚げた時のカリッとした食感を、より楽しめるようにするためだそうです。スペイン各地では、の字にねじっていないものとか、太目のもの等いろいろなタイプのチュロスがあります。スペインを旅行した時には、是非本場の味を堪能してみては如何でしょうか?

参考 本場スペインのチュロスは甘くない

参考 本場のスパニッシュモーニングを食べられる「アンクラー」で気分も満タン!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: スペイン | コメントする

イスラエルとドイツの奇跡的な和解の鍵は「人つながり」

ユダヤ教の信者らが訪れる「嘆きの壁」=7月8日、エルサレム
 

ホロコーストという忌まわしい過去を抱えるドイツとユダヤ人国家のイスラエルとは、被害者側のイスラエルにとってはドイツは永劫に許し難い国であるはずですが、ドイツからの金銭的な補償や謝罪といった公的なものの他に、ドイツの若者がボランティアとしてホロコーストの生存者と直接連絡をとって訪問し、生活支援を行う活動が継続的に行われてきたようです。 

地道な活動の結果、イスラエルの若者にとってドイツは親近感のある国となりつつあるようです。

そのキーは、「人と人との結びつきで関係を築いてきた」ということにあるそうです。 

ドイツの保守寄りの人には不満もあるようですが、ここまでくるのに並大抵の努力ではなかったと思います。

日本も隣国の関係諸国とは過去の摩擦がいろいろありますが、これを乗り越えるにはやはり「人つながり」ではないでしょうか。国と国との難しい関係だからこそ「人つながり」(特に首脳陣に誓い筋)が大切かもしれません。

参考 ドイツ・イスラエルの和解 両国民意識の“逆転現象” イスラエルの若者「ベルリンは最も魅力的」

 

カテゴリー: イスラエル | コメントする

チーズを食べると恋愛力が高まる!

チーズ料理は脳を「恋愛モード」にさせるらしい

チーズには恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン(PEA)」の分泌を促進するアミノ酸、「フェニルアラミン」が豊富に含まれているとのことです。フェニルアラミンは体内で合成できないため、食物から摂取することが必要になります。

この「フェニルアラミン」は、恋愛におけるドキドキ感や高揚感を引き起こす物質と言われています。

ある心理カウンセラーによると、チーズを食べることは「恋する気持ち」を高めるのに効果があるとのことです。

また、チーズ好きの人は「パートナーを大切にしたい」「好きな気持ちが強い」傾向が強く、また、チーズをよく食べる人は、あまり食べない人よりもパートナーと一緒に過ごす時間が長いというデータもあります。

さらに、チーズの中でも特にカマンベールチーズが好きな人は「恋愛は自分にとって重要」と回答する割合が高いことが分かったとのことです。カマンベールチーズ好きな人は、恋愛に対してポジティブなイメージを持っている割合が高いようです。そういえば、チーズの本場フランスとイタリアは恋愛大国と言われてますし、街角でラブラブな人が多く見受けられます。

 ちなみに、世界各国のひとりあたりチーズ年間消費量のトップはギリシャの30.9kg(日本のおよそ15倍)です。関係あるかどうかはわかりませんが、ギリシャといえば性交渉の年間回数が世界一という統計データもあります。

恋愛力をつけ、また結婚している方も良好な夫婦のパートナーシップを保つのに、とりわけカマンベールチーズを日常的によく食べるようにするといいのかもしれませんね。

参考 チーズを食べて恋愛体質になる!? チーズと恋する気持ちに関する調査

参考 チーズ料理は脳を「恋愛モード」にさせるらしい

カテゴリー: イタリア, チーズ, フランス | コメントする

フランスではチーズはデザートメニュー…

01

 

 

 

 

 

 

フランスでは、毎日の食卓に必ず何種類ものチーズが並びます。日本では想像もつかないのチーズの消費量で、フランスのスーパーのチーズコーナーの大きさは野菜売り場に匹敵するほどでチーズ専門店も街のあちこちにあります。その数は約400種類も及びます。

フランスの家庭で食事をするとプレートに数種類のチーズがのせられて出てきます。

04

 

 

 

 

 

「チーズ盛り合わせ」は、ビストロやレストランのメニューではデザートの欄に書いてあります。チーズとデザート両方を食べる場合もあるし、チーズで締めくくる場合もありますが、フランスではチーズはメインのお食事が終わった後、デザートの前に食べるのが慣わし。

日本では、主食の前におつまみとしてチーズを食べるというイメージですので、主食をたくさん食べて、お腹いっぱいになってからチーズを食べるとは意外ですね。

なぜ、食後にチーズを食べるのでしょうか?

それはチーズにはボリュームがあって重たいメインを食べた後の消化を助ける働きがあると考えられているからです。

チーズは発酵食品です。発酵食品には消化を助ける酵素が豊富に含まれています。これは日本でいえば、お漬物に匹敵します。

日本では、旅館では最後の方にお漬物がでてきますが、これは味の濃いものを食べた後に食事を締めくくって口をサッパリさせるためです。

つまり、日本もフランスも食べるものは違っていても、「発酵食品を食べて消化を助ける」という意味でチーズやお漬け物を食べるというわけですね。

こういうことを知ると、チーズはワインのお供だけではない、ヨーロッパの人達にとって何か深いものがあるということが実感されてくるかもしれません。 

参考 漬け物と同じ感覚?海外で食後にチーズを食べる理由

参考 種類は400種類!フランスのチーズ事情

カテゴリー: チーズ, フランス | コメントする

ヨーロッパの平和の象徴の街ストラスブール

ストラスブール

ストラスブールはフランス東部アルザス地方の中心都市です。ドイツとの国境に位置し、ライン川に架かる橋を渡れば、もうそこはドイツ。現在では、EU内の移動はパスポートなしでできるため、人や物の行き来も盛んに行われています。ストラスブール市民は、家電製品はドイツで買ったり、また、ストラスブールに通勤する人は、隣りのドイツのケールという街の方が家賃が安いので。通勤では国をまたいでドイツからフランスに通勤するという光景もよく見られます。

アルザス地方は、豊かな鉄、石炭等の資源で知られ、そのためドイツとフランスの係争の地として、長年両国の間を行ったりきたりする等国境が度々変わり、住民は翻弄の歴史を繰り返してきました。

しかし、戦争の歴史を通じて、その中で、フランスとドイツが融合したようなアルザス独自の文化がたくさん生まれました。

長い歴史の中で独自の文化を形成してきたアルザス地方とストラスブール。その歴史の中で、戦争は欠かすことのできないキーワードです。そのような経験を経てストラスブールは、二度と戦争を起こさないという誓いがフランス、ドイツ両国の間で立てられ、EUの経済的、政治的な統合の象徴の街となりました。EUの欧州議会の本会議場ストラスブールに置かれています。

フランスもドイツも過去の紛争について、お互いに反省し合いながら向き合ってきました。特にドイツはナチスという負の遺産に対しても、ひるむことなく教訓として真摯に向き合っています。人道重視にたった政治的な取り組みとして素晴らしいことだと思います。

二度と戦争や紛争は起こさないという決意は一国だけでは到底できるものではありません。「目には目を、歯には歯を」では決して平和を実現することは難しいでしょう。このことを私たちは肝に銘じておく必要がありそうです。

参考 ヨーロッパの平和の象徴 -フランス・ストラスブール

 

 

 

カテゴリー: フランス | コメントする

美味しいチーズにはダニがいる?/熟成したモレットチーズは日本酒のつまみにぴったり!

ミモレット

ダニといえば、アレルギーの原因になったり、人を刺してかゆみを残したりと人間にとって有害というイメージです。

しかし、実際は人にとって有害なダニは約10%でほとんどのダニは無害で、中には人の生活に欠かせないダニもいます。

フランスの有名なチーズであるミモレットは表面が月の表面のクレーターのように穴が開いてボコボコしており、粉をふいています。

実はミモレットの穴はダニがチーズを食べた跡。その粉はダニがチーズをかじったり、脱皮をした残りです。

ミモレットはダニがいることで発酵のバランスがとれてより美味しくなります。表面に粉が吹きだしているミモレットはダニが盛んに生きていて熟成がうまく進んでいる証拠。このようなダニをチーズダニといいます。

逆に表面に粉が吹き出していないミモレットはよく熟成していないので、風味がよくありません。

温度管理がとても重要で、ダニに適した温度を1年中保たなければ、ダニはあっという間に死んでしまい、チーズの熟成もストップ。後はいくら寝かせようと熟成は進まないそうです。

店で買ったミモレットにはダニが表面に生きています。ミモレットは外側を削って食べるのが一般的なのでダニを食べることはありませんが、食べても全く問題はありません。

ダニのチーズ?というとびっくりされるかもしれませんが、日本でももっとミモレットのようなダニを必要とするチーズがメジャーになってくれば、ダニに対する見方も少しは変わるかもしれませんね。

また、ミモレットはハードチーズなので、長期間の熟成が可能です。熟成期間が18か月、24か月と長く熟成が進むにつれて内部の水分が減り、時にはナイフが入らないくらい固くなります。しかし、愛好家たちは固くなってきてからがミモレットの食べごろだと口を揃えます。

18か月以上たったミモレットはその味がカラスミに例えられます。チーズと言えばワインですが、長く熟成したミモレットは日本酒との相性も抜群。薄く切ったり、小さな塊に砕いたミモレットを口に含みながら日本酒を飲むと、ミモレットのうまみが口の中で数倍にも膨らむそうです。日本酒が大好きというかたはぜひおつまみにミモレットを試してみてくださいね!

参考 チーズを美味しくするチーズダニ

参考 意外なものが美味しさの秘密。ミモレット

 

カテゴリー: チーズ, フランス | コメントする