天ぷらのルーツはポルトガル…

天ぷら

ポルトガルといえば、スペインが幅をきかせているイベリア半島のほんの端っこの小さい国。ブラジルの旧宗主国とはいえ、至って地味な国。

そんなポルトガルは、江戸時代に「油で揚げる」という調理法を伝えました。これが日本食で人気の天ぷらのルーツです。「天ぷら」という言葉もポルトガル語からきているという説があります。

天ぷらの本家ポルトガルでは、揚げ物の種類も非常に多く。最大の特徴は衣にも味がついていることです。タコの足の天ぷらもあれば、かば焼き風天ぷらもあれば、かき揚げもありとなんでもあります。

ポルトガルの食卓では、日本と魚介の食べ方がそっくりだそうです・タコは天ぷらや炊き込みご飯に使ったり、小アジは南蛮漬けにします。南蛮漬け(マリネ)もポルトガルが元祖ですね。

他にもポトフ等日本人好みの料理がたくさんあります。ポルトガル料理は。素朴で家庭的な魅力があるようですね。

参考 日本人がポルトガル料理にハマる理由

oishikuf の紹介

社会人交流会「ふらっと青山」を夫婦で主宰。ワインカルチャー交流会、地中海ランチ会、世界のお茶会、企画勉強会等飲食関係に関するイベント企画を主宰、サポートしています。 flataoyama@gmail.com
カテゴリー: ポルトガル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です